結婚したくなる時

結婚を決める瞬間について

トップ / 結婚を決める瞬間について

結婚を決意した決め手

人はどんな時にこの人と結婚しようと決意するのでしょうか。その決め手は人それぞれだと思いますが、共通しているのはこの人となら何があっても乗り越えられる、全てを任せられると思える事なのです。例えば、自分が体調を崩した時に甲斐甲斐しく看病してくれた時には、この人になら弱い部分も見せられるしそういうところも受け入れてくれるんだという安心感が生まれます。この出来事がきっかけで、ありのままの自分でいられるということに気付き、結婚に踏み切る人もいます。素の自分でいられるということは、長い人生を一緒に生きていく中で最も大切なことですし、大きな決め手となるのです。

一生一緒になりたいと思う決め手

結婚したいけど大丈夫かな、と相手に対して一度は誰しも迷うところです。しかしゴールに至るまでに決め手が必ずあります。それは、経済面や価値観、趣味など人それぞれですが、相手に条件を出すのは男性も女性も同じです。男性は女性に対して3つの決め手があります。食べ物の好みが同じであるかなどの人間の三大欲求、相手の束縛の有無、家事能力の有無を女性に求めています。やはり、家庭に関することが条件としてあげられます。女性は、まず、男性が男性家族と仲が良いか、そして隠れ亭主関白でないかどうか、何でも話せる同性の友だちが5人以上いるかです。結婚して、一緒になりたいと思うからこそ、経済面や価値観も大切ですが同じ時間を共有できたり人間関係の良い家庭を築いていきたいですね。